言わずと知れた日本人醸造家「木村滋久」氏。日本人としてNZでチャレンジする情熱はこれからもっと大きく広がります。

 

KIMURA CELLARS  キムラ セラーズ

設立/2009年 Marlborough(マールボロ地区) 

ワインメーカー(醸造責任者)/木村滋久 生産量:800ケース

1973年東京生まれ、東京のキャピトル東急ホテルに10年間勤務し和食レストラン担当、JSAソムリエ資格所有。ワイン好きが高じて2年間通ったEVIワインスクールが主催するボルドーとシャンパーニュのワイナリーツアーに参加 その旅行がきっかけにワイン造りの仕事に魅了される。 2003年キャピトル東急ホテルを退社後にニュージーランドのEastern Institute of Technologyにてワイン醸造・ブドウ栽培を一年間学ぶ。卒業後ホークスベイのNatarawa winesとマルボロのClos Henriにて計一年半葡萄栽培の仕事をする。 2007年の収穫時期から現在世界的に評価の高い*Villa Maria Estateの醸造チームの社員として一年半勤務。 2008年の収穫時はVilla Maria Marlborough winery赤ワインセラーの現場責任者を務める。私が深く携わった2007年のPinot Noirは近年多数のワインコークールにてメダルを受賞しています。オーストラリアのCool Climate wine show 2009にてVilla Maria 2007 Reserve Pinot NoirはBest Pinot Noir Trophy. ニュージーランドのLiquorland International wine competitionにて212種類のPinot Noirの中からSingle Vineyard Taylers Pass Pinot Noir 2007はTrophyを受賞しました
NIKKEIプラス1「食卓を彩るワイン(3000円以内)」で2位にランクイン!

 

ダウンロード
木村滋久氏のワイナリー日記
第6回.pdf
PDFファイル 214.7 KB
ダウンロード
木村滋久氏のワイナリー日記
第5回.pdf
PDFファイル 247.9 KB
ダウンロード
木村滋久氏のワイナリー日記
第4回.pdf
PDFファイル 192.4 KB
ダウンロード
木村滋久氏のワイナリー日記
第3回.pdf
PDFファイル 171.9 KB